自分にとっての保険の役割を考える

まさかの時のための保険、自分にどんなリスクがあるかと考えて、すべてのリスクに十分な対応をと考えると月々の保険料が高くなってしまいます。
自分にとってどのようなリスクがどのような生活の変化を生むのか、家族がいる場合、その変化に何で対応するのか。


保険ですべてをと考えると非常にコスト高になってしまいますので、パートナーがどの程度収入を見込めるのか、資産はどのぐらい残せるのか、頼れる人はいるのかなどまさかの時の資金不足をどのような形で解決するかを考えることから始まります。

独身の方は死亡保障は最低限のものでいいでしょう。医療保険を多めに考えていきます。

医療保障も家族がいないわけですから、日額の保障なども必要最低限で構いません。保険料を多く支払うことが人生の安心につながるわけではありません。


コストパフォーマンスを考え、必要最小限にすることで、余剰資金は投資や貯蓄に回したほうが資金運用の効率はよくなります。結婚などをすると家族が増えてきます。
パートナーや子供のために死亡保障が必要になってきます。

医療保障についても増額が必要になってきます。



しかし、パートナーにある程度収入が見込める場合や投資や貯蓄がある場合は、この増額をそれほど考えなくてもいいでしょう。リスクに備える必要性がパートナーができたことで分散できた場合は、子供のために多少増額する程度でも十分です。ここでも無駄に保障を大きくとって保険料が上がってしまうより、必要最小限のコストで済ませ、投資や貯蓄に回した方が、万が一のことが起きた時も多くの資金を用意できることになるからです。
より資金を大きくできる方に多く資金を回せるベストミックスを探す必要があります。

つまり、何かが起きた時の著しい資金事情の悪化を避ける目的で保険を捉え、貯蓄も保障も保険に任せてしまうといった従来型の効率の悪い保険を見直す必要があるということです。

資金運用のパーツの一つとしてコストパフォーマンスの良い利用が求められます。