トイレの水漏れ修理を依頼する前の応急処置

トイレはとかく水漏れやつまりなどのトラブルが起こりやすい部分です。日頃から掃除やメンテナンスを行っていても詰まってしまったり、便器から水が流れ続けてしまうなどのトラブルが起こるケースは少なくありません。修理業者に依頼をすれば、最近は最短30分で駆けつけてくれる安心業者もあるわけですが、トイレの水漏れが起きるのは日中だけでなく、真夜中に発生することもあり業者への依頼が難しいケースもゼロとは言い切れません。トイレの水漏れは、タンクからの水が流れ続けているもの、汚水が床下と便器の隙間などから漏れているものなど様々です。

便器と床との隙間から漏れている場合は専門業者でなければ修理が難しいケースがありますし、このような状態で利用すると水漏れが続いてしまう、マンションなどの場合階下へのトラブルが併発する可能性もあるので注意が必要です。修理業者に依頼する時、すぐに来て貰える場合と多少時間が掛かる場合があるかと思われますが、応急処置を行っておけば被害は最小限に抑えることができますし、タンクからの水がちょろちょろと流れ続けている時など、水が無駄に流れることになるわけですから早めに解決したいと感じる人は多いと言えましょう。便器と床の間からの水漏れも汚水などからも、修理業者が来るまでの間は使えないようにする、水が流れないようにするためにも止水栓を閉じておくことをお勧めします。止水栓を閉じればタンクから流れる水はストップするので一安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です